9月のお知らせworksのページにアップしました。
後半から久しぶりにペースが戻りますので、
どうぞよろしくお願いいたします。



昨日は「愛のかたまり」展の搬入でした。
本日1日から9日まで巣巣にて開催です。
様々の分野の作家たちの想い、ぜひ見にいらしてください。

私は、「ももの木 なしの木 りんごの木」で載せ切れなかった、
岩崎朋子さんが撮ってくださった福島・あんざい果樹園の写真に
少しの言葉をつけ、展示していますので、
「ももの木 なしの木 りんごの木」と一緒に手に取っていただけると嬉しいです。
Img_ec499da4ad73775e53ff249caf29b3c114cdb18a
来週大工さんとの打ち合わせなので
その前に、自分自身でチェック。

梨たべながら。
Img_d37ef24a07e7c8659a60da7a0e2370d74d8d3f7e
おもしろい。
毎日いろんなことが起きる。



なんとも不思議なことが、毎日起こる。
さっきも、ぱちんと手を叩いたところで。

刺激的な毎日です。





今日もずいぶん暑くなりました。

本日水戸のDress Birdさんで開催している
平井かずみちゃんの花の会のおやつ、ご用意しました。
ちょうどみなさん召し上がっている頃でしょうか。
昨日発送して、今回はお菓子だけが行っているので
無事に届いたか、みなさん満足してくれているか気になりつつ、
今月下旬からの卸再開に向けての試作や、
豊島にいく準備などなども進めているところです。







昨晩は、下北沢の風知空知へ行きました。

渡辺俊美さんと二階堂和美さんのライブ、
川辺ヒロシさんのDJという、豪華な夜。
温かく、熱いライブでした。

俊美さんがおっしゃっていた
「心が一番大事」という言葉が印象的で、
1年半前からのいろいろなことを思い出し、聴いていた。
すると、不思議と凝り固まった頭がほぐされた気がして、
滞っていた何かが体に通ったようだった。
吸い込まれそうになるほど、すばらしいステージ。

二階堂さんの声、チャーミングな姿を近くに感じると、
もうそれだけでいいやって思った。
楽しい今と、ちょっと先の未来があれば。
そうすれば、そのもっと先は大丈夫だろう。


人をやさしく包む音楽。

行くことができて本当によかった。



人をやさしく包むものがどんどん広がればいい。




今の家に引越しをしてきて約3週間。
ここで出会ったたくさんの人がいる。
その中の一人、たまご屋のおじさんとの出会いは
dans la natureにとっての2012年の大ニュースだろう。
今日も卵を届けに来てくれて。
受け取るだけの会話のやり取だけど、気持がするりと和らぐ。
おじさんも、届けてくれる卵も、私をやさしく包んでくれるのです。



あ。今ふと思ったけれど、
おじさん、サンタクロースの赤い服が似合いそうだなあ。

サンタクロース?なのか?
クリスマスにはにわとりのひいたソリに乗ってくることを想像して、ふふふ。

土曜日の夜に瀬戸内から戻り、
日曜日は巣巣にて開催されていた「愛のかたまり」展の最終日で
山田稔明さんのライブ。
心豊かになる、充実した一週間がおわり、新しい週が始まりました。



「愛のかたまり」展にお越しくださった皆さま、ありがとうございました。
今回、参加者のみなさんの考えや行動、そして何より作品に
とても強さのある9日間の展示だったので、
私自身に足りていないことをたくさん教えてもらったと振り返っています。

山田さんの歌もお話も、
思い出しながら、ゆっくりと体にしみこんでくるかんじ。
今まで知らなさ過ぎたことに文句ばかり言っても進めないのだから
知っていること、考えていることを
今回の展示のようにできるだけ多くの誰かと話しあう機会があればいいと
ライブを聞きながら思っていました。
いい夜だった。とっても。

ライブに私がご用意したのは、
豊島でいただいてきたいちじくのマフィン、
直島の天日干しの塩を効かせた黒糖マフィン。

ちいさな旗を立てて。
Img_bd071c88a753e7e6d2066640d1a7c18a8ca49bac
瀬戸内のお話はまた改めて。

明日は、恒例の栗狩りに行ってきます。
今週は工房の工事があったり、
巣巣で作ってもらっている、工房のショーケースも届く。

先週よりもあっという間に過ぎてしまいそうだ。

しっかりしなきゃ!
栗狩りに行くと、私の秋の始まる。
ここ10年ほど。


採ってきた栗がお菓子になることを待っていてくださる方が大勢いて、
秋のスタートの大切な、恒例行事になっています。
今年も「そろそろですか?」と言ってくださる方もいて、嬉しかったです。

今月の29・30日に巣巣で栗のおやつを販売する予定です。
そして10月5・6日は札幌のシエスタ・ラボでも。
他でも販売することが決まりましたら、こちらの日記でお知らせいたします。
お楽しみに。


今年は実の大きさは小ぶりでしたが、味はとても良さそうです。
量も多く、10キロ背負って山からかえってきました。
毎年いろんな変化があって、自然の面白さをここでも感じます。
Img_ada79d97776ebd0ad5d44ff226898a3b9be12b1a
Img_6ead1abc882a1c67504a65298342a1d254cbad32
夏の終わり、秋の始まり。



これからひたすら鬼皮を剥いて、渋皮煮をします。
まだまだ日中は暑さが続いていますが
窓を開けて寝たら寒くて目が覚めたほど。
季節の変わり目、油断できないです。



瀬戸内に行ったのは1週間前。
ずいぶん前に行ったような気がして、
思い出すと懐かしく、今すぐ戻りたい想いがいっぱいになる。



Img_44b119416ddc4bd416ab2abdcf7f95d599b1be4d
Img_b677685a9f0639b8e0ce156dd666bdd8d947b8b3
Img_c9030dce0ecc93ac018d3931e05798b57eb7655b
Img_4518485ba8206168b41c135a6034afe82739c212
Img_cc5149a241dfefd4ac9e3c4c05432ddbb997486b
Img_305f9a791c198c54e96f08991cd93d721577b8d1
豊島は、ある一つのご縁がきっかけで知りました。
すると、みるみるいろんなことがつながり始め、
行くことがずいぶん前から決まっていて、
いつからか導かれていたのだ、と今は思っています。
不思議なものです。

美しい山も海も、豊かな自然に農産物、海産物。
元気な島のひとたち。
そして、豊島美術館。




Img_a55d5d943da7f5b6d7f732751f32ff361b283e4f
Img_cbc6559eb917549343370a64ca74b20072c03b1f
Img_216da928bdbb6ab8027a9ab9801a58f1ef81450f
Img_cfd9903aa2d61dcbd4720cc3465e9c37c93bfc68
Img_8138de464b4a988a9d4c072b375116070c14a399
Img_0082d71c17898bdb2cd8967d78a139eb1e5a6ccf
Img_fda6495b1b69844017037dade2837a60715ede67
Img_3623d34ce6684dc56eedeb174c580d8c1db65dc2
Img_815a0ffbebe21f8a9ae6b8daf0a884ded000f078
豊島の魅力に取り付かれ、
県外から数年前に移住していちご農家を始めた森島さんと
彼が代表を務める地元のおばちゃんたちのグループ、かめだやのみなさん、
香川大学の原先生とゼミの生徒である綾ちゃん、
このご縁をつないでくださった知人の暁美さん、
豊島に在住のサウダージ・ブックスの淺野さん。
ほかにも本当にたくさんの皆さんの温かい想いが豊島にはありました。

野菜やお米はもちろん、果物がとても豊富にあって、
(いちじくや柑橘の木はどのお宅でも庭に必ずあって、たべきれないほど実がなるのです)
いちご農家の森島さんとかめだやのおばちゃんたちが、月に一度公民館で
地元の人や観光で来る人のために豊島のものをつかったジャムやジェラート、
郷土料理である黒豆のおにぎりを販売しています。
それは豊島を知ってもらうためでもあり、
高齢化の進む島にとって、
それがおばちゃんたちの生きがい、元気の源になるようにという想いがあります。

私は、果物を使って豊島のおやつを作ろうという計画のお手伝いで向かいました。
自然の豊かな恵みをさらに楽しんでいただけるような、
豊島らしいおやつになるように、じっくりみんなで作り上げたいと思い、
今までもいちごや夏みかんを送っていただいていたし、
今回はワークショップということで、私は先生として
かめだやのメンバーであり、いちご農家の矢麦さんちの讃岐コーチンの卵と
豊島産の牛乳にいちじくをあわせたプリンと、
そして、ブルーベリー・いちご(これ矢麦さんちの)をつかったバターケーキ
をかめだやのおばちゃんたちと一緒に作りました。

ワークショップはこれがスタート。
これから頻繁に豊島に行って、美味しくて作るのもたべるのもたのしい
豊島のおやつをみんなで完成させてたいと思います。

お返しに?おばちゃんたちも朝も昼も夜も
豊島のものだけで作ったという豪華な郷土料理をつくってくださいました。
煎った黒豆を入れて炊いたごはんのおにぎりに、
大豆をつぶして作る呉汁(ごうじる)、
ままかりのさしみにフライ、渡り蟹にひらめに・・・・・・・
もう、それはそれは。もう入りませんっていうほどのすばらしい料理の数々。
みんなでいろんなことを話しながら元気にごはんを囲んだのでした。

豊島にはかなしい過去の出来事もあります。
正確に言うと、過去ではなくその問題は現在も続いている。
その話を聞いていると、福島の問題と近いものを感じ、
もっともっとここのことを知って、
私の形で豊島を多くの方に知ってもらうお手伝いができたらと強く思いました。


そうそう。
瀬戸内の島や四国は雨が少なく、よく溜池を見かけますが、
豊島には1つ湧き水があります。
それには言い伝えもあり、だからこそ田んぼも畑も潤う豊かな島なのです。




また数ヵ月後に、と約束をして高松港行きの高速船に乗ったのでした。

次はなにがたべられるだろうか。
いちごも、柑橘もベストシーズンの頃になりそうだ。



オリーブのお話もしたかったけれど、またあらためて。






先日採ってきた栗で、毎日栗ご飯を楽しんでいます。
あんざい果樹園の幸水も、散歩の途中で見つけた畑の茄子も、
スーパーで出会った新鮮な秋刀魚も。
秋をしみじみ味わっている今日この頃です。


あ。
大丈夫ですよ。
10キロ採って来たうち、ほとんどは渋皮煮になりましたので。
自分のおなかに入れるのはもうおしまい。

その渋皮煮を使ったお菓子、今年は3つのお店で販売します。
毎年まっていてくださる方がたくさんいて嬉しいです。



<栗のパウンドケーキ・タルトの販売の予定>
9月26日 matsurica  (Click!) 
9月29・30日 巣巣   (Click!) 
10月5・6日 Siesta Labo.(詳細は少しお待ちください) (Click!) 
数に限りがありますので、売り切れ次第終了となります。





話は変わりまして。
その後、新しい工房はというと、
先日、ショーケースや棚などが届きました。
それら全て、私の使い易いように、工房のサイズに合うように、
巣巣の岩崎さんにオーダーしたものです。
いつか工房販売を始める時は巣巣でショーケースを作ってもらいたいと、
ずーっと決めていたで、実現できて本当に本当にうれしい。
お菓子を並べて、はやく皆さんをお招きしたいです。

Img_07c790418cdebde9164ec49150b5a9d2b7a27d07
今日は新しい工房の内装工事でした。

3日前にショーケースや棚が届いて、ずいぶん店らしくなったと思っていたのですが
今日の工事を終え、工房と販売スペースがすっかり完成しました。


残すは、外まわり。
工房販売を始める11月までの間に、
コンクリートやタイル、木に、フェンスで整えてゆきます。


Img_6da2d6dfaffdc69af5d5a30dec26370ed4937c02
Img_60e925812171a5763e7f9a499ff2ed734cc26962
工房と販売スペースを仕切る棚です
Img_661bf8bf2364cdffcf6806d2e445d3ae04495d0a
夜、完成ほやほやの工房に、
巣巣の岩崎さんと元・巣巣スタッフの角ちゃんが
ショーケースなどのチェックをしがてら、遊びに来てくれた。
嬉しかった、とっても。


これから、たくさんの方に来ていただける楽しい場所になりますように。
今年は家の引越しと工房の移転で、
いつもの夏よりもずいぶん長くお休みをしましたが
ようやく来週から通常の納品が再開します。

26日~
 代々木上原・matsurica  (Click!) 
 中目黒・トラベラーズファクトリー  (Click!) 
29日~
 ならまち・風の栖  (Click!) 


そして、29・30日は巣巣にて「木マジカカフェ」で栗のおやつご用意します。
現在開催中の「木ミジカ木ムジカ」展にあわせての2日限定喫茶。 (Click!) 
小田原のスズアコーヒー店のコーヒーと一緒にお待ちしています。
この日はシェーカー作りのワークショップや木工職人バンドのライブもありますので、
ぜひ遊びにいらしてください。




工事が終わって『大工さんと設計士さんありがとう』のコーヒーとタルト
Img_0c2cc3a2223fd337a1b62e4620a8f24dac5a87f1

今日は新しい工房に、ワイヤー作家の森永よし子さんが来てくれた。
工房販売の時に使う雑貨をいろいろと作っていただくのでその打ち合わせ。


ショーケースにどうやってお菓子を並べるとよいか、
それにはどんなトレイやかごが必要か、などなど
実際にクッキーやマフィンを出し入れしながら相談していきました。


ショーケースいっぱいにお菓子を並べる日が待ち遠しい。
Img_f03cd02f91f3bbd33a4b65a65cb33b85a2e893a4
先週金曜日、東京の街ををぐるぐるしてきた。

まずは、目黒に。
新しい工房の登録が済んだので、
目黒の保健所と税務署に行って異動の手続きをしてきた。
「お世話になったなあ目黒区に」 こちらがしみじみ考えていても
「はい、ごくろうさまです」と、淡々と終了してしまうのがお役所の窓口。
心の中でそっと、ありがとうと言いながら、広尾へ。
いつもの美容院で、さーっぱり。
楽しいおしゃべりの間に、延び放題だった髪がばさばさ落ちていきました。

そして、蔵前のin-kyoに、工房で使おうと、お願いしていた物を取りに行き、
お世話にいなっている合羽橋の道具屋さんにも買い出し。

荷物いっぱいになりながら、参宮橋のtrayて辻恵子さんの作品展を見てきました。
辻さんの切り絵、それはそれはすごくて。
遊び心と繊細さと。作品数の多さにも驚き、楽しい気持になったなあ。


ちょっと辺鄙な場所に引っ越して、街に出るのが少し億劫になったわたし。
行きたい場所を一気にめぐった一日でした。


昨日は、一日中製作。
巣巣に発送したり、トラベラーズファクトリーのお菓子も再開に向けて準備。
月曜日からは、今までのペースでどしどしいきます!
Img_c1027ef390dc9c28fa2a4202b205d6835ae9b477
新しい工房で、次々とお菓子を焼いています。
作りながら、動きやすいように道具や材料を配置換えし、
整えてゆくのがとても楽しい。


明日はmatsuricaさんへのお菓子を発送。
26日から販売再開です。
栗のパウンドケーキ、栗のタルト、定番のクッキーなどが並びます。 (Click!) 

同じく26日から再開なのは、トラベラーズファクトリー。 (Click!) 
以前と同じトラベラーズビスケットの茶・黒の2種類のビスケットを販売します。
が、じつは、黒の方が新しくなりました。
茶の力強い味と差を出すため、
とてもシンプル、だけど濃厚な味に仕上げました。
どんなビスケットになっているかは、ぜひ、トラベラーズファクトリーで。

29日からは、ならまちにある風の栖さんでも販売再開です。 (Click!) 
夏前に売りはじめた「風の栖サブレ」などなど納品します。
これから奈良のお土産の定番にするくらいの気持ちで、
大切に作っていきたいと思います。


そして、今週末29・30日は巣巣で栗のおやつ販売です。 (Click!) 
その日は小田原のスズアコーヒー店のコーヒーと共に
店内でも召し上がっていただけるので、ぜひお越しください。
栗のパウンドケーキとタルト、巣巣でご予約も受付してくださっています。

夏にたーっぷりお休みいただきましたので、全力でスタートです。
みなさまどうぞよろしくお願いいたします。




涼しくなってきて、ようやく昼間も秋らしい風を感じられるようになりました。
いい季節です。
毎日3食美味しくいただいている、
お米農家の山崎さんからコシヒカリの新米が届き、
いつも以上にお茶碗にこんもりとつけておなかいっぱい。
あぁ、いい季節。


無農薬有機肥料で丁寧に作っていらっしゃるお米は、
もうそれだけで贅沢なご馳走ですが、
明日の朝は。ふふふ。たまごかけごはんだなー。

山崎さんちのお米は、in-kyoや巣巣で販売していますよ~。
Img_5e8b2456a376cd447e691656d0ae826d8cc8f336
今日からトラベラーズファクトリー、matsuricaでのお菓子販売再開しています。
久しぶりにdans la natureを楽しんでいただけているでしょうか。

気温・湿度の高い時期にお休みしていた、
定番のキャラメルクリームとカリカリナッツキャンディーも
お待たせしました、10月から再開。
巣巣、風の栖、matsuricaで並びます。

Img_d8fe88918305f0f03e73595d9bc20f5dc297c529
「宅配おやつ」は、もうしばらくお休みさせていただきます。
11月から工房販売を始めるため、新しい体制の宅配おやつとして準備しています。
遠方の方にも召し上がっていただけるようにと思っていますので、
もうしばらくお待ちくださいね。
今日から風の栖さんでのお菓子販売再開です。 (Click!) 

dans la nature定番のクッキーはもちろん
風の栖さんとじーっくり話し合って、試作を重ね、
完成したオリジナルサブレが並びます。
最初にいただいた「大和茶」「黒糖」「奈良らしいもの」というお題から
少しづつ発展してできた風の栖サブレ、私の大切なアイテムの一つになりました。

風の栖さんが出店するイベント「ナラカラ展」@aalto coffee and the roosterでも
「風の栖サブレ」を販売してくださるそうです。
奈良のおいしい物の中に仲間入りです。
Img_856d585d1a3ab28387b9ce6da274b053c148a179
29・30日は、巣巣での栗のお菓子販売。 (Click!) 
タルトのご予約は予定数に達したため締め切りました。
パウンドケーキはご予約なしでも購入していただけるようご用意していますが、
数が少ないので事前にご予約いただくのが確実です。
店内でもお召し上がりいただけますので、ぜひ。
東京は久しぶりに台風の影響で、もの凄い雨風。
木々や看板や揺れて、家の中にいてもとっても怖くぞっくぞくした。
ラジオで「現在八王子を通過」と聞いて、いやあ、こわかったです。


さてさて。
29・30日、巣巣にお越しくださったみなさまありがとうございました。
栗のパウンドケーキ、タルト。楽しんでいただけたでしょうか。
毎年、私が鎌倉で採って来きた栗で作ったおやつ、
秋の始まりを感じてもらえているようで嬉しかったです。
新しい工房や工房販売のことも楽しみにしてくださっている方が多く、
益々準備に気合が入ります。
詳しいお話を少しずつこちらに載せていきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。


29・30日は小田原・箱根の木工作家の展示期間中でもあり、
ライブやワークショップもあり、とても賑やかな2日間でした。
どれも美しい作品ばかりで、伝統工芸の素晴らしさ、
それを継承する若手の作家たちの技を目の当たりにしました。

学生時代からの友人、るちゑ・清水勇太くんもその一人で、
彼のワークショップに参加し、私もシェーカーを作りました。
自分の好きな木を組み合わせた中に、ガラス・豆・砂利を好きな分量入れて
オリジナルのシェーカーつくり。たのしかったですよー。

Img_6b629f511da1a3e4ca8027ac52f62068ee845e7c
一つ、新しいお知らせです。
以前からお世話になっている、cafe イカニカの定番メニューに
10月4日からdans la natureのケーキが登場することになりました。 (Click!) 

月に一度の月市に参加させてもらったり
今年のゴールデンウィークにはワークショップをさせてもらったり、
マフィンセットをメニューに入れてもらったり。
cafe イカニカで開催いている平井かずみちゃんの花の会のおやつに使ってくださったり。
ずいぶんお世話になっています。
これからは定番のメニューとして、季節のバターケーキを
店内でお召し上がりいただけることになりました。

「季節の」ですから、季節ごとに変わっていきます。
まずスタートは、りんごとくるみ。
美味しいごはんの後のデザートにも、はたまたお茶の時間にゆっくりと。
楽しんでいただけたら嬉しいです。
(数に限りがありますので売り切れの場合はごめんなさい)

今回メニューに登場するのと同時に、
dans la natureのクッキーの販売もスタートしますので、
合わせてどうぞ宜しくお願いいたします。