2週間お休みしていた工房販売。
今週から、いつも通り金曜日と土曜日に営業します。
4日・5日の11~17時です。
きっとその時には、三鷹通りは桜吹雪でしょうねー。
野川も深大寺のお散歩も気持ちが良さそう。
dans la natureのお菓子を持ってお花見を、ぜひ!

旅の途中で見つけた食材を使ったお菓子も並べる予定。
旅の話と合わせて、改めてお知らせします。


そして、ミルブックスの10周年記念缶の販売も開始です。
もちろん、ご希望があればお菓子を入れてラッピングもしますので
進学のお祝いや新年度のご挨拶など、プレゼントにもおすすめですよ~。

Img_a6cf208300f95e4e0a28fea163d6eed7
ミルブックス10周年にして、はじめとなるオジリナルグッズです。
書籍『はじめてのコーヒー』と『はじめての紅茶』の2冊にちなみ、
コーヒー豆と紅茶の保存に便利な缶を、
両書のイラストレーションを手がけた福田利之さんデザインで製作、
ミルブックスをイメージして素敵な絵を描き下ろしてくれました。


■保存缶 Mサイズ 1 ,000円+税 
高さ118mm×直径95mm 色は白のみ

■保存缶 Lサイズ  1 ,200円+税 
高さ151mm×直径112mm 色はピンクのみ

保存缶は創業110年の浅草橋の老舗製缶所「加藤製作所」の職人によるハンドメイドです。
中蓋もついているので、気密性もばっちり。
Mサイズはコーヒー豆約200g、Lサイズは約500gまで保存可能です。
コーヒーや紅茶の保存だけではなく、乾物を入れたり、細々した道具を入れたり、
いろいろな使い方ができます。

今日は吉祥寺で打ち合わせがあったので、
井の頭公園に寄ってみました。
見事な桜に、うーっとり。
はぁー。いい季節ですねえ。
Img_91c0464cfb2d0e68451ff78e5aa0479a
なんだかまだ旅ボケをしている私ですが、
トラベラーズファクトリー、cafe イカニカへの納品を終え、
巣巣、そして風の栖も続いて納品を再開、日常に戻っています。


4日(金)・5日(土)の工房販売では
旅先で見つけたものを登場させます。
豊島の八朔のバターケーキ、
黒糖と出雲の出西生姜を合わせたサブレ。
そして高山の朝市で見つけたりんごは、
マフィンにしようか、パウンドケーキにしようか。

Img_8cc13d35766510a43f4b779b3bb2b1e0
旅の話。
後ろ髪を引かれながら豊島を後にし、直島にも行きました。
豊島美術館もそうですが、直島の地中美術館も季節によって表情を変え、
自分の感じ方も違うから何度行ってもどきどきする。
混雑している館内だけれども、
とても好きな作品の部屋でしばらく誰も来ない時間があり、
ひとり取り残されたみたいな、不思議な気持ちになったのでした。
こんなことがあるんだなあ。
なんだかおかしかった。

美術館敷地内の大きなミモザアカシアが綺麗に咲いていたのも印象的でした。

島内に点在する作品や、高松に戻るフェリー、
真っ赤な夕日、夜ご飯のうどんと竹輪の天ぷら。
全部独り占めしたような、一日。
とてもいい気分だった。



その夜、NHKでちょうど瀬戸内の海の特集を放送していて見てたのだけど、
いつの間にか寝てしまった。
Img_b36c5e1ee283290e536bb6c413914484
平日の朝の、子供たちの声がすごく好き。
三鷹通りは近くの小学校への通学路なので
新学期がスタートした今日はずいぶん賑やかに感じ、
こちらまでわくわく。
クラス替えとか、新しい教室に入る瞬間の気持ち、懐かしいなぁ。
自分の入学式や新学期のことを考えながら
明日発送する宅配おやつの仕込みをしていました。


宅配おやつのご注文下さったみなさま、どうもありがとうございます。 (Click!) 
8日発送分の方、もうすぐお届けです。楽しみにお待ちください。
Img_55c0b2a9602b0e0c5cd9474fce773d26
11日から巣巣で開催される「永井 宏 作品展 summer works 1998」 (Click!) 
2011年に亡くなられた、美術家の永井宏さんの作品展です。
作品の展示のほかに、
永井さんと親交が深かった方々によるイベントもたくさん予定されています。


dans la natureは作品展期間中に販売される「みんなねているセット」で
参加させていただくことになりました (Click!) 
私自身、永井さんの作品のファンでありますが、
特に永井さんの言葉、福田利之さんの絵が一冊になった絵本
「みんなねている」(ミルブックス刊)は大好きです。
ミルブックス10周年記念冊子「私の好きなミルブックス」でもおすすめさせてもらいました。

優しいイラストと澄んだ言葉、装丁も美しいこの絵本と
カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュのコーヒー豆、dans la natureのお菓子を
福田利之さんデザインのランチトートに入れて限定販売します。
*作品展示期間中、巣巣での販売のみとなります。

詳しくは巣巣のHPをご覧下さい。
永井さんが遺した作品の数々をたくさんの方に見ていただきたいと思います。
Img_7d0b7a7a26258e7a46e89dad9c77b13b
今週も金・土曜日、工房販売オープンしています。
11~17時です。

久しぶりにヨーグルトのパンナコッタを作りました。
酸っぱくてほろ苦い、豊島の八朔で作ったジャムをのせますよ。
キャラメルとオーガニックのパームシュガーをあわせて
いちじくとくるみのパウンドケーキも作ってみました。
今週だけのお楽しみですー。


1月から月一で豊島に行っていたけれど、
今月はいけないので恋しくて、頭はずっと島のこと。
きっと先祖か前世か、縁があったのだと思う。
考えているだけで落ち着きます。
Img_7e3bf7cb293c3ea2143099d7c8fb4abb
でも、いま住んでいる深大寺もとてもいい。
環境はもちろん、ご近所のみなさんが温かい。
引っ越してきて良かったぁ。
私が豊島や瀬戸内の話をよくするので、
お客様からも島のことを教えていただくことが多く、とても楽しませてもらっています。


瀬戸内海に、ぽこぽこぽこっと浮かぶ島々は
隔離され、かつ本州と四国どちらにも輸送がしやすかったことなどの理由から、
銅や鉄の精錬所や毒ガスの実験場などが設置され、日本を支えてきた歴史があります。
今でも多くの工場や、ハンセン病の隔離施設の残っている島もあるし、
豊島は30年ほど前に産業廃棄物の不法投棄事件もありました。
島というと自然豊かな楽園のように聞こえるけれど、
その背景には悲しい過去があることも多く、驚きます。
だからこそ強さと包み込むような温かさがあり、
独特の雰囲気を持っているように感じます。


私はお菓子屋として、
果物が豊富に採れる豊島と関わらせてもらっていますので
何より、dans la natureのお菓子を通して豊島のことを知ってもらって、
それをきっかけに瀬戸内のこと、
そして島々のことに興味を持っていただけたら、面白いなと思っています。


豊島には羽田から高松空港へ行き、高松港に出て船で向かうがほとんどの私ですが、
高松まで東京駅から寝台列車に乗っていったこともあります。
そのときはちょうど瀬戸大橋を渡るのが日の出の時間だったので
とても綺麗で思わず「わあぁ」と声を出してしまったほど。
その時の写真がこちら。
Img_2c849eb2b4bad41dafc5dbc1d3567b39
時期によって見え方も変わるでしょうが、おすすめですよ。

先月10日間ほど旅行をした際にも
出雲に移動するとき、岡山から「特急やくも」に乗るため、
高松を出発して瀬戸大橋を渡ったのでした。
小学生の時、
瀬戸大橋が開通してニュースで見たことや
同じ頃、おばあちゃんが四国にいるという同級生の子から
おばあちゃんちに行くにはフェリーに乗るんだよとか
お遍路さんの話を聞いて、
四国ってどんなところなんだろうって想像していたことを思い出し、
こんなに頻繁に香川県に来るとは少し前まで考えていなかったな~と、
ぼんやり出雲に向かいました。


初めての島根。
岡山から峠を超え、うとうとしているとあっというまに宍道湖が広がっていて、
到着した出雲市駅では、親友と小学校高学年になった子供達が待っていてくれました。
子供たちと前に会ったのは、まだ赤ちゃんだったとき。
毎年、年賀状で成長は見ていたけれど、言うことも行動も、すっかり大人びていて、
8年前に私と遊んだことなんて全く覚えていないようだった。

その日は、出雲大社近くの家から車で日御碕に連れて行ってもらいました。
日御碕半島にある灯台に上り、日本海を臨むと、
そこには瀬戸内海のような島はなく、ざっぱーんと崖に当たった波しぶきが白く舞っていました。
空はとても穏やで、うみねこたちも気持ちよさそうだった。
Img_aadd946b13b761a6e636c0c8d8f4a9c2
Img_b6bf814b1b5cb7e2c73e88a027b8df2d
みんなでいか焼きを食べたり、干物や海藻をお土産に買って、
天照大御神と神素戔嗚尊が祀られているという日御碕神社にも寄り、
澄んだ空気をいっぱいに吸って、夕日を見ながら海沿いの崖道を帰りました。
とっても美しい光景。

出雲のお酒、天隠や島根牛、日御碕で買った干物で夜ご飯。
贅沢な居候生活1日目でした。

次の日は出雲大社へ。
家から10分とかからない距離にあるため、
子供たちにとっては遊び場で「裏の神社」という感じのようでしたが、
もちろん、出雲に伝わる神話はしっかりと教わっているそう。
あまり下調べをせず来てしまい、話題になっている
「平成の大遷宮」という言葉も薄ぼんやりしか分かっていない私を
友人はガイドさんのように案内してくれたのでした。
調子に乗り、ついつい欲張りになって、お願いはたっぷりとしてまいりました。

Img_b4a51b501bcc3369d75806336258cdd2
その後、犬の散歩やスーパーに買い物をしたり、
小学校で鬼ごっこをして久しぶりに本気で走ったり。
旅してきた場所なのに、馴染みのある場所のようでおもしろい。
学生の頃、ひょんなことから知り合った友人とは
どんなに時間を経て、お互いにどんどん生活が変わっても
こんなふうに当たり前のように安心して過ごせるんだなあ。
来てよかったな。
Img_bc851e3c0469a22434f542d7f7dbcbd9
次の日は、春休みに入った子供たちだけで
仙台にある友人の実家にあそびにいくということで米子空港までお見送り。
飛び立つ飛行機を心配そうに見つめる友人の横で私も、
「あんなに小さい赤ちゃんだったのにね」とうるうるしてしまった。
彼らが出雲に帰ってくるのは一週間後。
私はすっかり東京での生活に戻っている頃なので入れ違い。
今度はいつ会えるのかなーと寂しくなった。

二人きりになって境港で新鮮な海の幸でおなかを満たし、いざ松江へ。
以前からお世話になっているartos Book Storeさんに遊びに行きました。
清潔感のあるとびきり素敵な店内に、ワクワクする本がずらり。
たのしいモノコトをたくさん発信している、
柔らかな雰囲気の店主ご夫妻とのお話もいい時間。
お店をやるってこういうことだよなーと思わせてくれる場所でした。

土砂降りの中、宍道湖に沿った道で出雲に戻り、
友人が旦那さんと営んでいる美容院で髪を切ってもらう。
オープンしてから、8年ほど経つ。
ずーっとここで切ってもらう日を楽しみにしていた私。
ようやくかなって、本当に嬉しかったぁ。

そして店を閉めてから、旦那さんの同級生がやっている飲み屋へ。
日本海の新鮮な魚のお造りや広島の牡蠣を蒸していただいたり。
出雲での最後の夜、美味しい肴にお酒もずいぶんすすみ、賑やかになったのでした。


いよいよ帰京の日。
出雲大社の参道にある駅まで見送ってもらい、また会う約束を。
母として妻として美容師として、毎日動き続ける友人から、
いろんなことを教えてもらった4日間。
私も子供が出来たら彼女のように、明るくて頼もしい母ちゃんになれたらいいなあ。


一畑電車というローカル線でのんびり松江まで出て最後の観光。
桜の蕾が膨らんだ松江城のまわりをぐるり。
お掘りもとても綺麗なお城でした。

そして松江駅の方まで散歩をし、米子空港から羽田へ。
一人ではない一人旅のことをじーっくり思いかえしたのでした。
Img_d5cde5d9023d66cfc495eacc0e204179
4月26日(土)と27日(日)に調布駅前広場で
「GOOD FOOD MARKET」が開催されます。 (Click!) 
調布駅が地下になって新しく、綺麗になった駅の上の広場で、
多摩地域の美味しいもの、素敵なものたちが集まるイベントです。
dans la natureは27日(日)に出店します。

最近は駅が新しくなると、
どこもすぐに直結のビル(しかも入るのは同じようなお店ばっかり)を作るけど、
京王そして調布市は素晴らしいー!!
こうして市民が集まる場として提供できるスペースにするなんて。
どんどん有効利用していってもらえるといいですね。

そんな場所での、手紙社主催のマーケット。
2日間開催です。どうぞお楽しみに。
26日(土)はdans la nature工房販売日ですので「GOOD FOOD MARKET」も行きつつ、
パルコの前からバスに乗ってぜひこちらにもいらしてください。
吉14のバスで諏訪神社バス停下車、三鷹通りを挟んでバス停の目の前です。

いつも一人で切り盛りしている私ですが、
27日(日)当日は、とっても元気な助っ人とともに販売をする予定です。
屋外での出店は久しぶり。楽しみです。




Img_ad05f0feb455d60d01868184715ea56d
先週は八朔のジャムをのせたヨーグルトのパンナコッタを作りましたが、
また新たに八朔のジャムを仕込んだので、今週はジャムとして販売します。
豊島から送ってもらた、今シーズン最後の八朔。
果肉だけをきび砂糖と合わせて煮ました。
ほろ苦くて酸っぱくて、つぶつぶしています。

皮は別に煮たので、くるみと合わせてマフィンにしますよ。

今週も工房でお待ちしております。
18日(金)・19日(土) 11~17時です。


Img_03b2b42b013f5889178fad23da0fcaa0
こちらは豊島唐櫃の農民福音学校跡にいる牛さん。

農民福音学校の話は、またの機会にじっくりと。
先週も、ご来店くださったみなさまありがとうございました。
土曜日の八朔ピールマフィンには、
ぽつりぽつりと、少しだけ実った我が家の金柑の甘煮を乗せました。
Img_d9828f7ee338d4629510a6242219a6be
今シーズン最後の八朔ジャムも、キャラメルクリームと並んで人気でした。
Img_69033bc060c62dae48a6d6d683bfb600

今週はいつも販売していただいている風の栖や巣巣に加え、
御茶ノ水GAIAの地下一階の生活用品のコーナーにて焼き菓子の限定販売と、
27日(日)には調布駅前広場で開催の「GOOD FOOD MARET」への出店を予定しています。
工房販売は25日(金)・26日(土)11~17時。

どうぞよろしくお願いいたします。
今月の、最後の宅配おやつの発送がおわりました。
ご注文くださった皆さま、ありがとうございました。

5月の宅配おやつはベイクドチーズケーキ。
ご家族が集まる連休や母の日に合わせて、ぜひ。
冷蔵便でのお届けになりますので、ご注意ください。
詳細は巣巣のHPを。 (Click!) 
ご予約の受付も巣巣にて、24日11時からです。
Img_bb277a873282c02d19e8b362a895ccde
いつも、無農薬の美味しいお米を届けてくれている
お米農家の山崎さん。 (Click!) 

ほぼ3食ごはんの、我が家を支えてくれている山崎さんから、
少し前に米粉を始めたというお知らせがありました。
今まで米粉を使ったことはなく、なんだかピンと来なかった私は、
しばらくそのままにしてしまっていたのですが、
クッキーが完成しましたよー。


薄力粉も使っているのですが、玄米米粉の割合を多めにし、
ココアとピーナッツを合わせて、さっくり仕上がっています。
ピーナッツの食感と、米粉の粒子のシャリシャリ感の複雑さもおもしろい。
Img_0a30041a9099e5380929d50f718e4c61
このクッキーでは、米粉はスパイスのような役割、
引き立て役に徹しているので、
いずれシンプルで米粉が主役になるお菓子も作りたい。

この米粉、いつも山崎さんのお米を販売している巣巣やin-kyoで
購入できるようですよ。


実は、米粉をクッキーにしてみようと思ったきっかけは、
3月の旅で出会った20代のカップル。
豊島で同じ宿だったふたりと共同スペースで居合わせ
仕事のことや豊島のこと、瀬戸内の島の話なんかをして。
素直で可愛らしい雰囲気に心くすぐられ、
自分のおやつ用に持ち合わせていたお菓子(もちろんdans la natureの)をおすそ分けしたところ
お返しにくれたのが、豊島の前に訪れたという直島のお土産で、
直島のお米と塩を使ったクッキーだった。
出雲に行く電車の中でそれを一人でつまんでみると
「帰ったら山崎さんちの米粉でお菓子つくろ~う」と思えてきて、
数日間お菓子を作っていなかったこともあって、
いろんなアイデアがむくむくと湧いてきたのでした。

いつかあのふたりにまた会えたら、お礼を言いたいなあ。
5月のお知らせ、worksのページにアップしました。
5月もどうぞよろしくお願いいたします。



先週末、調布駅前広場で開催された「GOOD FOOD MARKET」
お越しくださったみなさま、ありがとうございました。
日差しが強く、初夏のような一日でした。

久しぶりの野外イベント出店。
たーっくさんの方にお菓子を食べていただけたこと、とても嬉しく思っています。
並んでくださったみなさんも、
お菓子がなくなった後ゆっくりと本をみてくださったみなさんも、
本当にありがとうございました。
久しぶりに会えた知人、ようやく会えたお店さんもたくさん。
嬉しい一日でした。


Img_1f419f94267b52c9567ae305fef769ae
これはオープン前の写真。
dans la natureの出店ブースは入口のすぐ横だったので、
オープン前は、入場を待つお客さまの視線にどきどきしながら
助っ人と準備を進めました。


Img_4aefc077b4ce96218ff311092a4a9c3a
dans la natureロゴの鹿さんもキラキラのマーケット日和。
Img_4db4d00dda89cbdf92d45aaf05dccf1d
見本のお菓子を並べて、みなさんに選んでいただきました。
Img_df2dc4e2eaa7183da9e6e61daf83a007
Img_c091b84546ff74758c41182c7439a2b6
Img_68f195fe04eac8b33d0f0c977cae1272
今度は深大寺の工房で、ずらりとお菓子を並べてお待ちしていますね。
ぜひ、お越しくださいませ~。



駅の北口にあるパルコから、会場を見るとこんな感じでしたよ。
地元のGOODなものがたくさん集まり、とても賑わっていいイベントでした。
Img_4ca55eb225c7762faf2b7a08bc594965