暑い暑い8月がスタート。
今週はブルーベリーのマフィン、
ソルダムのジャムを乗せたパンナコッタ、
かぼちゃのタルトなどなど作っていますよ。
Img_a8d1a7c3325439219d36938cc0b42f18
来週8日(金)・9日(土)の営業後はしばらく夏休みをいただき、
9月は19日(金)から営業する予定です。
大好きな桃の季節。
今年も福島のあんざい果樹園から『あかつき』が届きました。
箱を開ける前からいい匂い。
いつもながらキュートだわ。

今年もこうして届けてもらえること、胸がいっぱいになります。


8日・9日の工房販売では、桃マフィン作ろうと思っていますよ。
その他、当日お楽しみに。
Img_967464fe486cf7839b9bc492c7c11fd9
今週の工房販売の後、約1か月は夏休みをいただきます。
毎年、夏はのんびり過ごしているのですが、
今年は8月にひとつイベントに参加します。
24日(日)あんざい果樹園にて、皆様のお越し待ちしておりますよ。


『まよいながら、ゆれながら』ファイナルイベント!
「つながって、輪になって」Utsuwa gallery Anzai
8/24(日) 11:00-17:00

あんざい果樹園(福島)、たべるとくらしの研究所(札幌)を営む
安齋一家の2年間を描いたフォトエッセイブック『まよいながら、ゆれながら』
(中川ちえ・文 馬場わかな・写真)。
発売から約1年、全国各地で写真展やイベントを開催し、
いろんな人たちとつながり、輪を描いてきました。
いよいよ最後となるイベントを
8月24日福島あんざい果樹園内の「Utsuwa gallery Anzai」で開催。
安齋家と縁の深い様々なジャンルのメンバーが出展、器や雑貨などの販売をはじめ、
ライブやトークイベントも。
そして開催日は桃が楽しめる最後の頃なので、
ご来場の皆様にあんざい果樹園の桃を堪能してもらうべく、あれこれ考えています。
ぜひご来場ください。

日時:2014年8月24日(日)11:00〜17:00
会場:Utsuwa gallery Anzai(あんざい果樹園内)
〒960-2261 福島市町庭坂字原ノ内14 電話 024-591-1064
 (Click!) 
*福島市フルーツライン沿い。運転免許センターから徒歩5分。庭坂駅から徒歩約15分
出展:Utsuwa gallery Anzai(器と雑貨)、たべるとくらしの研究所(ジャムとお菓子)、
中川ちえ(アイスコーヒースタンド)、山田稔明(音楽)、
dans la nature(桃のあれこれ)、巣巣(雑貨)、NAOT(靴)、ミルブックス(本)

■山田稔明さん&中川ちえ ライブ&トークイベントのご案内
2014年8月24日(日) 13時〜/15時〜の2回 自由料金制
安齋家と親交の深いシンガーソングライターの山田稔明さん、
そして『まよいながら、ゆれながら』の著者である中川ちえさんをお招きし、
ライブ&トークを開催します。
*事前予約は不要。ライブは自由料金制です。

昨日の桃に続いて、今日はブルーベリー。

お客様や友人たちにおすすめしてもらった近所のブルーベリー農園へ。
とても広くて、品種も多いので(採りに来ている人もいっぱい!)
おじさんに一つ一つ教えてもらって味を確かめさせてもらいながら収穫。
せっかくそれぞれの味の特徴を知れたのだから、混ぜてはもったいない。
今日は欲張らずに1種類だけ『デライト』という品種をかごいっぱいと採ってきました。

「なんだか白ワインみたいですね」って言ったら
「シトラス系の味って言ってる人もいたよ。他とは特に違っておもしろいよね」とおじさん。

6月から何度かマフィンやパンナコッタで
近所の畑のとても新鮮なブルーベリーを使ってきましたが、
収穫するのは初めてだったので大満足。

明日と明後日の工房販売で使いますね。
Img_306c8696ddbe2bd5355ac495aa096e35
Img_1eb49f434a87932addf2399c3c694fd8
週末のお天気、心配です。
気を付けていらしてください。
本日、豊島のかめだやさんからジャムが届きました。

前回とっても好評だった、みかんジャムといちごジャムに加え
今回は果肉たっぷり、ほろ苦さがなんともいえないおいしさのマーマレードもありますよ。
豊島のおばちゃんたちが島の果物を使って、手作りしたジャムです。


しばらくお休みに入ってしまうので明日だけの販売となりますが、
パンはもちろんヨーグルトやアイス、炭酸割りにとこの時期もおすすめです。
Img_9c4f6acaaad2d3fc679f419117763fd1
夏休み直前の工房販売、
たくさんの方にお越しいただきありがとうございました。
限定のブルーベリーのタルト、いかがでしたか。

Img_619f7e4fc30edf28cc555105955feaf4
Img_6d73776fcdb219b91ab74db9e51c0b34
福島・あんざい果樹園の桃では、マフィンとゼリーを作りましたよ。
豊島・かめだやの3種類のジャムも人気。
楽しい2日間でした。

次回の工房販売は9月19日(金)・20日(土)、
その後は基本的に毎週金曜日と土曜日にオープンします。
少し涼しくなり始める頃に再開しますので、どうぞよろしくおねがいいたします。


8月24日には、あんざい果樹園でのイベント (Click!) に参加しますので、
暑い夏の思い出を作りにいらしてください。
夏休み1週目。
久しぶりに友人たちが集まったり、姪っ子が遊びに来たり、
免許の更新をしたり、あっという間に過ぎてゆきました。
ご飯を食べにオトノハへも行った。いつもながら、おいしかったなあ。


秋以降のこともじんわり進めています。
その一つ、もみじ市。 (Click!) 
HPなど、すでにご覧になった方も多いかと思いますが、
今年は9月27日(土)と28日(日)調布市多摩川河川敷で開催。
dans la natureは福田利之さんと一緒に28日(日)に参加いたします。 (Click!) 
今年のもみじ市のテーマは「100人の個展」ということで私たちは「おやつ箱展」
福田さんがデザインしてくださった缶に、お菓子が5種類入ります。

dans la natureの定番焼き菓子と、それにたかるありんこが描かれた缶は
もみじ市限定販売です。
Img_e2d498231fc53075d68ae4170ce36d54
24日(日)に出店するイベントの仕込みをしています。

福島のあんざい果樹園・Utsuwa gallery Anzaiにて開催される、
『まよいながら、ゆれながら』(中川ちえ・文 馬場わかな・写真 mille books刊)の
発売を記念した企画のファイナルイベント。

中川ちえさんのアイスコーヒースタンドやハンドマッサージ、
馬場わかなさんのポラロイド写真館。
もちろん、あんざい家のの桃や、器・雑貨もお買いものしていただけますし、
山田稔明さんのトーク&ライブ、たべるとくらしの研究所のジャムとお菓子や
巣巣の雑貨、NAOTの靴、ミルブックスの本の販売など盛りだくさんです。
詳しくはこちら。 (Click!) 

私は桃のゼリーや、
「ももの木 なしの木 りんごの木」に載せたローズマリーを使った桃のケーキなど
その場で食べていただける桃のおやつを販売します。
イベントのためにあんざい果樹園からたくさん届いた桃『まどか』。
一度煮てからお菓子にするのでまずはひたすらコンポート。


24日(日)11~17時、福島あんざい果樹園みなさんのお越しお待ちしております。
Img_df920e2797aa8649b88cb9a6dbdab45c
私の夏休みはまだ半分以上残っているのに、こんなに涼しくなるなんて。
もう少しの間、夏の空気のままであってほしい、夏生まれの夏女です。



4日間、福島に行ってました。
福島も蝉の鳴き声はもうすっかりどこかに行ってしまって、和梨の収穫も間近。
夏の終わりというより、秋の始まりという感じだった。

24日にあんざい果樹園・Utsuwa gallery Anzaiで開催した
「つながって、輪になって」
ご来場くださったみなさん、SNSでつながったみなさんもどうもありがとうございました。
Img_5c88a5c175eac3ab5b9994cfe5a02b0c
Utsuwa gallery Anzaiでイベントを開催するのは3.11の後、3回目。
年に一度、私たちが集まることを楽しみにしていてくれる方も多くて、
みんなの「まよいながら、ゆれながら」を語り合う、とても良い場だった。
変化していくそれぞれの生活の近況報告をするみたいに、
こうして、また福島や他の場所でも何かの形で続けたいなと思います。

私の桃のお菓子、ラッシーやゼリー、まるごとコンポートなど、
いつもはできない桃の贅沢使いで満喫しました。


Img_3005484ef46dd14799f28516037024db
Img_864810426688d6a4b8d9f3b6167a2979
イベントの後もあんざい果樹園に滞在し、温泉へも行き、
桃や洋梨はもちろん、おいしいもので満たされ、
各々の「まよいながら、ゆれながら」な日々の話をした。

誰でも悩んで迷う時があって、
自分のメーターが振り切れるほどの努力して、
反れてしまった時には軌道修正しながら前に進んでいる。
わたしも、約15年仕事として夢中でお菓子だけを作ってきたけれど
いろんなものに導いてもらって、
まっすぐではなくゆらゆらと変化しながらだった。
変わることって意外と難しくて、止まるときもあるけれど
この先も、今は考えてもいないようなことを思い立って動き始めることを
自分自身、柔軟に受け止めたいと思った、福島での時間でした。