暑い暑い夏。
この1ヶ月間、友人たちと会ったり、
しばらく行けなくなりそうなお店にご飯を食べに行ったりしつつ、
自分のからだのメンテナンス。


先日久しぶりに、尊敬する先輩の店に行った。
先輩の下で働いていたのは15年くらい前のこと。
ずっとずっと変わらず、美しいパンを焼いていることに感動して、
毎日毎日怒られていたことが懐かしく思い出され、
教えてもらったことは、確かに刻まれているなって自分の手を見ながらおもう。

休み明け、私はどんなものを作るのか、作りたくなるのか。
そんなことを考えながら、臨月のまんまるおなかを撫でています。